B2122 《 群馬県・栃木県・茨城県 》 1泊2日 国営ひたち海浜公園 ネモフィラの丘 あしかがフラワーパーク ふじのはな & 館林市つつじが岡公園

登録日:2021/4/2

旅行代金

大人(2名様1室利用) : ¥44,800

大人(おひとり様1室利用) : ¥46,800

小人 : ¥2,000引き

ご出発日

4/29(木祝)  5/2(日)

 は出発確定日

ご出発時間

金沢駅港口(6:40)

ご帰着時間

金沢駅港口(21:00)

参考資料

パンフレット抜粋


① 乗車場所 B 金沢駅(6:40) ―― 昼食 ―― あしかがフラワーパーク(600 畳敷きの藤棚を持つ大藤や、長さ 80mもの白藤のトンネルなど、藤が例年見頃を迎え咲き誇ります!) ―― ひたちなか市内ホテル(17:00 泊) ♪嬉しい大浴場付 夕食は館内にて♪

② ホテル(8:00) ―― 国営ひたち海浜公園(丘一面をブルーに染めるネモフィラに感動!チューリップ、菜の花、ポピーなど広大なフラワーテーマパーク)―― 館林うどんの昼食 ―― つつじが丘公園(群馬を代表するつつじの名所) ――― 金沢駅(21:00)

【国営ひたち海浜公園】 四季折々さまざまな花が楽しめる国営ひたち海浜公園。中でも、春のネモフィラと秋のコキアは必見です。広大な“みはらしの丘”一面に広がる、約530万本の青いネモフィラが広がる光景はまるでファンタジーの世界。

【あしかがフラワーパーク】 巨大な大藤棚や八重の大藤棚、170cmもの花房をもつ藤など、季節になると敷地内に350本以上の藤が花をつける。普段はあまり見かけないきばな藤や、長さ80mのトンネルをつくる白藤も。藤が見ごろの4月中旬~5月中旬には、イベント「ふじのはな物語」が開催される。

【館林市 つつじが丘公園】 毎年4月上旬から5月上旬にかけて、「つつじまつり」が開催されるエリアです。この時期には券売所入口の店舗も営業しています。またこのエリアには推定樹齢800年を誇る「勾当内侍遺愛(こうとうないしいあい)のつつじ」を始めとする、つつじの古木群や宇宙飛行士の向井千秋氏(館林市出身)が宇宙へ持って行った種子を発芽させた「宇宙つつじ」が植生しており、毎年数10万人のお客様でにぎわいます。また、公園の歴史を広く知らしめ、館林市にゆかりのある著名人を記念し建てられた記念碑もあります。

※写真はイメージになります。


旅行条件

出発月 2021年4月、5月 日数 1泊2日
乗車場所
経由地
Aコース 金沢駅発着
金沢市佐奇森町・北日本観光バス→JR金沢駅西口→北陸高速・徳光PA上り線売店前→小松グリーンホテル前(※)→尼御前
※有料駐車場あり(予約制)
B1コース 小松駅発着
JR小松駅東口→小松IC→北陸高速・徳光PA下り線売店前→金沢市佐奇森町・北日本観光バス→JR金沢駅西口
B2コース 北陸道・徳光PA発着
北陸高速・徳光PA下り線売店前→金沢市佐奇森町・北日本観光バス→JR金沢駅西口
B3コース 金沢市佐奇森・北日本観光バス発着
金沢市佐奇森町・北日本観光バス→JR金沢駅西口
乗車場所AA 金沢市佐奇森・北日本観光バス発着
佐奇森車庫(無料駐車場有)→JR金沢駅西広場団体バス乗降場→JR西金沢駅西口→JR松任駅
乗車場所BB 金沢市佐奇森・北日本観光バス発着
佐奇森車庫(無料駐車場有)→JR松任駅→→JR西金沢駅西口→JR金沢駅西広場団体バス乗降場
添乗員 同行します バスガイド 同行します
最小催行人数 15名様 お食事

1日目:昼食 夕食  2日目:朝食 昼食

ご宿泊

茨城県「ルートインひたちなか」洋室

その他
注意事項

予約・空き状況カレンダー

お客様へご案内
ホームページからのツアーのお申込み・予約内容の変更ご依頼につきまして。
出発日の8日前までにお願いいたします。
出発日の7日前から前日のツアーにつきましては
必ず電話(076-266-2533)にてご確認いただきますよう、お願いいたします。

B2122 国営ひたち海浜公園 ネモフィラの丘 あしかがフラワーパーク ふじのはな & 館林市つつじが岡公園

4月, 2021
       
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
募集中
30
 
3月, 2021


B2122 国営ひたち海浜公園 ネモフィラの丘 あしかがフラワーパーク ふじのはな & 館林市つつじが岡公園

5月, 2021
           
1
2
募集中
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31