A2141 《 長野県 》 日帰り 信州 旬のさくらんぼ狩り

登録日:2021/4/2

旅行代金

大人 : ¥16,800

小人 : ¥1,000引き

ご出発日

6/9(水)・12(土)・13(日)・14(月)・15(火)・16(水)・17(木)・18(金)・19(土)・20(日)・21(月)・23(水)・26(土)・27(日)

 は出発確定日

ご出発時間

金沢駅港口(7:10)

ご帰着時間

金沢駅港口(19:30)

参考資料

パンフレット抜粋


乗車場所 B 金沢駅(7:10) ―― 松代象山地下壕(太平洋戦争末期の大地下壕) ―― 真田十万石の町・信州松代(城下町散策 食べ歩きチケット付♪)―― 信州中野(遅めの昼食 信州アルプス牛のすき焼き膳)…信州さくらんぼ狩り(30 分食べ放題!1 パック詰め放題!)――金沢駅(19:30)

【さくらんぼ狩り 信州フルーツランド】   北信濃では昔から果樹の栽培が盛んです。今から50年以上前の昭和38年に1台のバスが偶然に畑の前で止まって「りんごを売ってほしい」と言ったことから「りんご狩り」が始まりました。当農場での果物狩りは、さくらんぼ狩り 6月上旬~6月下旬、桃狩り 7月下旬~8月下旬、ぶどう狩り 9月上旬~10月上旬、りんご狩り 8月中旬~11月下旬を予定しています。天候により時期が前後する場合がありますので事前に電話で確認して頂ければ幸いです。(HPより)

【松代象山地下壕】   松代大本営地下壕は、舞鶴山(まいづるやま)(現気象庁松代地震観測所)を中心として、皆神山(みなかみやま)、象山(ぞうざん)に碁盤の目のように掘り抜かれ、その延長は約10キロメートル余りに及んでいます。 ここは地質学的にも堅い岩盤地帯であるばかりでなく、海岸線からも遠く、川中島合戦の古戦場として知られている要害の地です。第二次世界大戦の末期、軍部が本土決戦の最後の拠点として、極秘のうちに、大本営、政府各省等をこの地に移すという計画のもとに、昭和19年11月11日から翌20年8月15日の終戦の日まで、およそ9箇月の間に建設されたもので、突貫工事をもって、全工程の約8割が完成しました。この建設には、当時の金額で1億円とも2億円ともいわれる巨費が投じられ、また、労働者として多くの朝鮮や日本の人々が強制的に動員されたと言われています。

※写真はイメージになります。


旅行条件

出発月 2021年6月 日数 日帰り
乗車場所
経由地
Aコース 金沢駅発着
金沢市佐奇森町・北日本観光バス→JR金沢駅西口→北陸高速・徳光PA上り線売店前→小松グリーンホテル前(※)→尼御前
※有料駐車場あり(予約制)
B1コース 小松駅発着
JR小松駅東口→小松IC→北陸高速・徳光PA下り線売店前→金沢市佐奇森町・北日本観光バス→JR金沢駅西口
B2コース 北陸道・徳光PA発着
北陸高速・徳光PA下り線売店前→金沢市佐奇森町・北日本観光バス→JR金沢駅西口
B3コース 金沢市佐奇森・北日本観光バス発着
金沢市佐奇森町・北日本観光バス→JR金沢駅西口
乗車場所AA 金沢市佐奇森・北日本観光バス発着
佐奇森車庫(無料駐車場有)→JR金沢駅西広場団体バス乗降場→JR西金沢駅西口→JR松任駅
乗車場所BB 金沢市佐奇森・北日本観光バス発着
佐奇森車庫(無料駐車場有)→JR松任駅→→JR西金沢駅西口→JR金沢駅西広場団体バス乗降場
添乗員 同行しません バスガイド 同行します
最小催行人数 15名様 お食事

昼食

ご宿泊
その他
注意事項

予約・空き状況カレンダー

お客様へご案内
ホームページからのツアーのお申込み・予約内容の変更ご依頼につきまして。
出発日の8日前までにお願いいたします。
出発日の7日前から前日のツアーにつきましては
必ず電話(076-266-2533)にてご確認いただきますよう、お願いいたします。

 

A2141 信州 旬のさくらんぼ狩り

6月, 2021
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
募集中
10
11
12
募集中
13
募集中
14
募集中
15
募集中
16
募集中
17
募集中
18
募集中
19
募集中
20
募集中
21
募集中
22
23
募集中
24
25
26
募集中
27
募集中
28
29
30