A2126 《 石川県・富山県 》 日帰り 歴史国道 倶利伽羅峠ハイク 春爛漫・桜並木がつづく

登録日:2021/4/2

旅行代金

大人・小人同額 : ¥7,300

ご出発日

4月29日(木・祝) 5月1日(土)

 は出発確定日

ご出発時間

金沢駅港口(8:30)

ご帰着時間

金沢駅港口(17:30)

参考資料

パンフレット抜粋


乗車場所B 金沢駅(8:30)-源平の郷竹橋口…(歴史国道「北陸道」コース)…倶利伽羅不動寺…源平の郷埴生口-温泉入浴-加賀藩たかくらー金沢駅(17:30)

【倶利伽羅不動尊】 石川県と富山県にまたがる歴史国道「北陸道」が走る倶利伽羅峠には、約1300年の歴史を持つ倶利迦羅不動寺(山頂本堂)があります。成田不動尊(千葉県)、大山不動尊(神奈川県)と並び、日本三不動尊の一つとして知られ、縁日の28日には県内外から多数の参詣者が訪れます。地名にもなっている「倶利迦羅」は、「剣に黒い龍の巻きついた不動尊像」という意味のインドのサンスクリット語に由来します。

【倶利迦羅さん八重桜まつり】 毎年4月下旬から5月初旬にかけて、倶利伽羅源平合戦の舞台となった倶利伽羅峠で桜まつりが開催されます。倶利伽羅公園一帯の見事な桜並木は、「昭和の花咲かじいさん」と呼ばれた高岡市の高木勝己氏が、20数年間に渡って約3,000本の八重桜を植栽したのが始まりです。現在ではそれを受け継ぎ、約6,000本の八重桜が咲き誇ります。

【加賀藩たかくら】 津幡町役場前に、創業1907(明治40)年の和菓子の老舗「加賀藩たかくら」があります。たかくら発祥の地は、かつての宿場町、津幡宿だったおやど商店街の一角にありました。創業当時から、饅頭(まんじゅう)や落雁(らくがん)など季節の和菓子を製造販売してきました。中でも、たかくら2代目が考案した「つばた最中」は、餅と粒あんが中に入った絶品の最中です。同3代目による代表銘菓「加賀藩」は、たかくらの歴史そのもので、100年の伝統ある味を守り続けています。同じく3代目が考案した「千寿大福(せんじゅだいふく)」は発売以来、変わらない味で親しまれている人気商品です。

※写真はイメージになります。


旅行条件

出発月 2021年4月 日数 日帰り
乗車場所
経由地
Aコース 金沢駅発着
金沢市佐奇森町・北日本観光バス→JR金沢駅西口→北陸高速・徳光PA上り線売店前→小松グリーンホテル前(※)→尼御前
※有料駐車場あり(予約制)
B1コース 小松駅発着
JR小松駅東口→小松IC→北陸高速・徳光PA下り線売店前→金沢市佐奇森町・北日本観光バス→JR金沢駅西口
B2コース 北陸道・徳光PA発着
北陸高速・徳光PA下り線売店前→金沢市佐奇森町・北日本観光バス→JR金沢駅西口
B3コース 金沢市佐奇森・北日本観光バス発着
金沢市佐奇森町・北日本観光バス→JR金沢駅西口
乗車場所AA 金沢市佐奇森・北日本観光バス発着
佐奇森車庫(無料駐車場有)→JR金沢駅西広場団体バス乗降場→JR西金沢駅西口→JR松任駅
乗車場所BB 金沢市佐奇森・北日本観光バス発着
佐奇森車庫(無料駐車場有)→JR松任駅→→JR西金沢駅西口→JR金沢駅西広場団体バス乗降場
添乗員 同行します バスガイド 同行しません
最小催行人数 15名様 お食事

昼食弁当

ご宿泊
その他

ウォーキング 歩行距離・時間/12.8km ・4時間 案内人同行 入浴付き

注意事項

予約・空き状況カレンダー

お客様へご案内
ホームページからのツアーのお申込み・予約内容の変更ご依頼につきまして。
出発日の8日前までにお願いいたします。
出発日の7日前から前日のツアーにつきましては
必ず電話(076-266-2533)にてご確認いただきますよう、お願いいたします。

 

A2126 歴史国道 倶利伽羅峠ハイク

4月, 2021
       
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
募集中
30
 
3月, 2021

 

A2126 歴史国道 倶利伽羅峠ハイク

5月, 2021
           
1
募集中
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31