1910B 《 東京都・神奈川県 》 1泊2日 桜舞う東京・鎌倉 隅田川夜桜船にて桜夜景鑑賞 春色の古都・鎌倉めぐり

登録日:2018/9/20

旅行代金

大人2名1室利用 : ¥29,800

大人1名1室利用 : ¥32,800

小人 : ¥2,000引き

ご出発日

3/28(木)

 は出発確定日

ご出発時間

金沢港口(7:30)

ご帰着時間

金沢駅港口(20:30)

参考資料

パンフレット抜粋


①    徳光・佐奇森・金沢駅(7:30) ―― 東京都内・浅草ホテル(15:30泊) …浅草寺、仲見世界隈、雷門などご散策・・・ ~隅田川夜桜船をお楽しみ下さい(18:10発) 
★今半オードブルと缶ビール1本付★
②  ホテル(8:00発) ――古都・鎌倉めぐり …春色に染まる武家の古都。建長寺、鎌倉大仏、鶴丘八幡宮など見学後、鎌倉の有名店「御代川」で昼食 ―― 金沢駅(20:30)・佐奇森・徳光

☆隅田川お花見船 隅田川随一ともいえるお花見どころ・墨堤千本桜や、隅田川の新名所・中央大橋付近の桜を楽しむことができる。また、振袖さんの舞やほろよいセットなどを楽しみながらの夜桜船は大人のムード。江戸の船遊びを気軽に楽しめる。夜桜と一緒にライティングされたスカイツリーも堪能できる。

☆鎌倉『建長寺』 臨済宗建長寺派の大本山で鎌倉五山の第一位。建長5年(1253)に5代執権北条時頼が、宋の高僧蘭渓道隆[らんけいどうりゅう]を開山として創建したわが国初の禅宗専門道場。最盛期には七堂伽藍を備え、1000人以上もの修行僧がいたという。たび重なる火災で当初の建物は焼失したが、江戸時代に沢庵禅師によって復興された。現在の堂宇は近世の再建や移築だが総門、三門、仏殿、法堂[はっとう]などが一直線に並び、中国宋時代の典型的な禅宗様式の伽藍配置を残している。山内では今も厳しい修業が行われ、禅寺らしい厳かな雰囲気に包まれている。

※写真はイメージになります。


旅行条件

出発月 2019年3月 日数 1泊2日
乗車場所:経由地
Aコース 金沢駅発着
金沢市佐奇森町・北日本観光バス→JR金沢駅西口→北陸高速・徳光PA上り線売店前→小松グリーンホテル前(※)→尼御前
※有料駐車場あり(1台500円 予約制)
B1コース 小松駅発着
JR小松駅東口→小松IC→北陸高速・徳光PA下り線売店前→金沢市佐奇森町・北日本観光バス→JR金沢駅西口
B2コース 北陸道・徳光PA発着
北陸高速・徳光PA下り線売店前→金沢市佐奇森町・北日本観光バス→JR金沢駅西口
B3コース 金沢市佐奇森・北日本観光バス発着
金沢市佐奇森町・北日本観光バス→JR金沢駅西口
添乗員 同行します バスガイド 同行します
最小催行人数 25名様 お食事

1日目:昼弁・夕軽食  2日目:朝食・昼食

ご宿泊

東京都内「ホテルサンルート浅草」(洋室利用)

その他
注意事項

予約・空き状況カレンダー

お客様へご案内
ホームページからのツアーのお申込み・予約内容の変更ご依頼につきまして。
出発日の8日前までにお願いいたします。
出発日の7日前から前日のツアーにつきましては
必ず電話(076-266-2533)にてご確認いただきますよう、お願いいたします。

 

1910B 桜舞う東京・鎌倉 隅田川夜桜船にて桜夜景鑑賞

3月, 2019
         
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
催行決定
29
30
31